安心をつなぐ

ヨコオの鶏づくりは、親鶏の雛を検疫することから始まります。
昭和44年に自社の種鶏場を、45年に孵化場を作った鶏肉のインテグレーターの先駆けだからこそ、
生産・製造・販売が担う生製販一体で、時代の先をゆく商品をお客様の元へお届けできるのです。

ヨコオ独自の一貫生産だからできる"生製販一体"

育てる

育てる

ヨコオは、親鶏の雛から飼料を吟味して丁寧に育てます。自社の孵化場では活力のある雛を選別し、健康な雛だけが直営農場と契約農場へ送られ、大切に育成されます。

詳しくはこちら

加工する

加工する

大切に育てられた鶏は、自社工場で衛生的にスピーディーに解体。新鮮なうちに出荷、冷凍加工される精肉と、味付け加工をした商品が出来上がります。

詳しくはこちら

創りだす

創りだす

ヨコオでは、「商品開発=ヨコオの生命線」と位置づけています。「営業企画課」「商品開発課」を中心に、全職員で日々商品開発に取り組んでいます。

詳しくはこちら

管理する

管理する

確かなものをお届けするために、ヨコオでは、商品の安全衛生に関わる品質管理はもちろん、生産、受注、発送など、管理すみずみに力を入れています。

詳しくはこちら

お届けする

お届けする

お客様と一番ふれあえる営業や店舗。単に商品をお届けするだけでなく、「お客様に喜ばれる商品は何か」を常に考え、お客様のお声に耳を澄ましています。

詳しくはこちら
ページ上部へ